フェリーで新潟港へ

フェリーで新潟港へ

【2016年8月】目いっぱい楽しんだ佐渡島を後にして、新潟市へフェリーで戻りました。

佐渡島では、まだまだし残したことがあります。

金山の坑道をはじめ、トキも見損なってしまいました。

次はいつ行けるかなぁ、と思いながら、だんだん遠のく島を眺めました。

ところで、佐渡島と新潟港はこのフェリーとジェットフォイルで結ばれています。

行きはジェットフォイルに乗って一時間ほどで着いたのですが、フェリーはなんと、2時間半。

お値段もほぼちょうど反比例していて、ジェットフォイルの運賃は、フェリーの二等席のほぼ二倍半です。

フェリーの二等席というのは、「席」はなく、靴を脱いで上がる床があって、そこに人々が三々五々寝転んでいます。

そういえば、その昔、四国から九州に渡る船の中でもそうだったなあ、と思い出しながらも、ちょっとそこにはいたくなかったので、しばらくデッキに腰かけていました。

ジェットフォイルがかっこよく、追い越して行くのを見たりしていたのですが、デッキには、恐ろしいことにカモメが群れを成して押し寄せてくるのです。

私は鳥一般が苦手で、特に人の食べ物を奪うカモメは怖くて仕方ありません。

それで船内をぐるぐる歩いた結果、食堂に落ち着きました。

居心地の悪い体勢でうたたねをしていて、はっと目覚めると、外が暖かい色に染まっていました。

素晴らしい夕焼けです。

怖いカモメたちも絵になっていて、飽きずにシャッターを切り続けました。

世界のあちこちで夕陽を楽しみましたが、今回、船上から見たこの夕焼けもずっと記憶に残りそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です