ポルトの顔、ドウロ川を行く

ポルトの顔、ドウロ川を行く

夜のポルトの町
雨が降る中、夜の街を歩く

【2009年12月】ポルトガルのポルトでの初日の晩は、ガイドブックに載っているレストランで食事をするつもりでした。

暗くなってから、ホテルから徒歩で出かけました。

この日はずっと雨模様だったのですが、この段階では、雨が降っている、なんて生易しいものではなく、傘がひっくり返り、履いていたジーンズがぐしょぐしょになるほどの豪雨。

でも、寒くないのが不幸中の幸いです。

ずぶ濡れになりながら、迷いながら、町を流れるドウロ川方向へ下って行きました。

料理が並ぶレストランのテーブル
この日の夕食

ふと見上げると、タイル張りの美しい教会があるのが見えたりして、この濡れながらの「散歩」はこの旅のハイライトと言えるほど楽しいものでした。

そして結局、探していたレストランは見つからず、裏道にあった小さい店に入りました。

店の人が言うには、ポルトは9~10月に雨が降らない分、12月上旬のこの時期にまとまって降ることがあるのだそうです。

ポルトで泊ったホテルの窓から
ホテルの部屋の前に赤い建物

レストラン名は失念しましたが、シーフード料理屋で、私は鯛の焼き魚、夫はシーフードのおじやのような物を食べ、満足しました。

ホテルに朝食が付いていなかったので、翌朝は目の前の小さなカフェで、ポルトガル名物のパステル・デ・ナタを食べました。

私はコレが大好き。

リスボンには専門店もあります。

朝食後、近くの薬局で女性ながらの必要品を求めました。

昨日、ここに着いたときから、お年寄りが目立つ町だとは思っていましたが、どうもその必要品をもはや必要としない人が主流なのか、表に置いておらず、お店の人が奥の棚の上~のほうから取り出してくれました。

しかも一種類だけ。

こんなことも町の特徴として旅の思い出になるものです。

サン・ベント駅の構内
アズレージョが美しいサン・ベント駅

この日の散歩の途中、ポルトの鉄道駅、サン・ベント駅に出ました。

列車に乗らなくても、駅そのものが観光名所。

構内に美しいタイル、アズレージョが張り巡らされていて、目を見張りました。

ちょっと暗くて、うまく写真が撮れなかったのが残念ですが。

それから、町の顔であるドウロ川へ下っていきました。

川のたもとから見上げると、有名なドン・ルイス1世橋がはるか上方に見えます。

船から見たドン・ルイス1世橋
船から、ドン・ルイス1世橋を渡る人々を見上げる

川沿いから橋へ、ケーブルカーが運行されているのが見えました。

それほど落差が激しいのです。

ドウロ川では、1時間ほどの観光船に乗ってみました。

この日は曇り空で風が冷たかったですが、雨には降られることもなく、川からの景色を楽しめました。

堂々としたドン・ルイス1世橋をくぐります。

川面の水準から見上げるポルトの町もカラフルで素敵です。

川沿いの建物にはやはり、廃屋のようなものも多かったですが、それはそれで風流。

ドウロ川沿いの廃屋
味のある川沿いのピンクの廃屋

ポートワインの酒蔵街も見えます。

ちょっと中心からそれると、新しめの家々が建っているのも見えました。

ちなみに、ドウロ川をさかのぼるクルーズ船もあります。

テレビで何度か見ましたが、なかなか良さそう。

もうちょっと年取ったら、参加してもいいかな(クルーズ船にはお年寄りが多いものです)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です