世にも小さい蒸気機関車

世にも小さい蒸気機関車

【2016年8月】母が我が家に滞在している間に、友達夫婦が南イングランドケント州への遠足に誘ってくれました。

迎えに来てくれた友達が「今日は超現実的な体験をするよ」と言いました。

蒸気機関車に乗ることは聞いてきましたが、具体的には何も知らないまま、ハイズの駅へ行き着いてびっくり。

何しろ列車が小さいのです。

通常のサイズの三分の一だとか。

確かに超現実的です。

どちらかというと小柄な私達はまだしも、ローカルの人たちが巨体をこの小さい空間に押し込める様子は滑稽極まりない光景でした。

世界一小さい、とは言えないらしいですが、最小規模であることは確かです。

この鉄道は、ロムニー・ハイズ&ディムチャーチ鉄道という長い名前で、1927年に開通。

自動車レースのドライバーだった人が作った鉄道だそうで、ハイズから22キロ余り先にあるダンジェネスまで、ゆっくり一時間ほどかけて走ります。

主に観光用ではあるものの、最近まで学校の通学列車としても活躍していたそうで、年間15万人が利用しているとのこと。

途中に駅が5つあり、博物館を備える駅もあるようですが、私達は降りずに終点のダンジェネスまで行きました。

地図で見ると海岸沿いを走るのですが、家が建てこんで海は見えません。

10年ぶりだという友達は、「以前に来た時と景色がだいぶ違う」と話していました。

終点のダンジェネスには灯台と原子力発電所と、海があります

家は点々とまばらでした。

ここに映画監督だった故デレク・ジャーマンの家もあるそうで、友達はそこへも案内してくれようとしたのですが、地元の人に尋ねたら、「荒れ果てて見るものもないよ」という話だったのでやめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です