中世祭り

中世祭り

【2014年6月】イタリアトスカーナ地方の町、コルトーナへ行ったのは、6月の最初の週末でした。

ここでは毎年、この時期に中世祭りが開催されます

シニョレッリ広場にたくさん出店が出ていて、売り手は中世の衣装を着ています。

一角ではパフォーマンスも催されていて、たいまつを持った女性たちのダンスが素敵でした。

鷹匠の腕も披露されていたようですが、どうも鷹が高い屋根の上に飛んでいってしまったらしく、人々がぽかんと空を見上げていました。

このお祭り、起源は1397年。

町の明主フランチェスコ・カサーリとシエナの令嬢、アントニア・サリンベーニの結婚を祝ったのが始まりとか。

息の長いお祭りです。

クライマックスは第二週末で、パリオのように、町の5つの区が中世の弓矢の技術を競うのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です