伯爵夫人の部屋

伯爵夫人の部屋

【2014年11月】「これは、伯爵夫人の部屋だったところです」--ホテルのマネジャーにこう説明されて通された部屋です。

雰囲気満点。

天井も素敵でした。

この部屋も十分広かったのですが、友達夫妻の部屋は、もっと広々としていました。

ここはイタリアのトスカーナの町、サンセポルクロにある Palazzo Magi というホテルです。

もともとの歴史は12世紀にさかのぼるとのこと。

騎士の家柄のパラミデシ家の宮殿でしたが、18世紀はじめに商家のパッキ家の手に渡りました。

パッキ家はイタリアの食品産業に寄与した商人で、パスタ大手のBuitoni の創始者の奥さんがパッキ家のお嬢さんだったとか。

ホテルは16室あり、それぞれ内装は異なるそうです。

ところで、ホテルを取り仕切っている女性はイタリア人とインド人とのハーフだそうで、朝には南アジアの民族衣装姿で現れました。

イタリア人がおしゃべりなのは有名ですが、インド人もそれに輪をかけたおしゃべりです。

その掛け合わせの彼女がおしゃべりなのは当然。

ホテルの謂れを尋ねたら、彼女の身の上話にまで発展、止まらなくなりました。

それはそれで面白かったですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事