日本のウイスキー

日本のウイスキー

友達のバングリーの投稿です。

【2013年4月】私はウイスキーが大好きです。

少年だった頃から、欧州の、特にアイルランドとスコットランドのウイスキーをたしなんできました。

日本も良いウイスキーを生産すると知っていましたので、大阪に滞在中、私のガイドーー今では友達になった岡澤さんに、シングルモルトを試してみたいと頼みました。

私が言い終わる前に、彼はカバンを肩にかけて出かける体勢に入っていました。

そして、オーナーが沖縄出身のとても独特なウイスキー・バーに連れて行ってくれました。

彼は、氷とソーダ入りのウイスキーを注文しました。

これは日本でハイボールと呼ばれていて、とっても人気がある飲み方のようです。

私は当然、ストレートにして、このほうが香りや味がよく味わえるのだと説明しました。

私が日本のウイスキーに興味を示すのを、彼はとても喜んでいました。

結局、「宮城峡」と「余市」(10年もののシングルモルト)、「竹鶴」(12年もののピュアモルト)の三種類を試しました。

どれもニッカの蒸留所でつくられたものです。

チョコに合う濃い味わいでした。

このウイスキーバーの名前はGilbyです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事