楽しい屋内プール

楽しい屋内プール

【2016年9月】今回の日本一時帰国、最後は家族と一緒に千葉県の鴨川へ一泊旅行。

泊まったのは前都知事が「家族連れで会議をした」ので有名な龍宮城スパホテル三日月の姉妹店、鴨川スパホテル三日月でした。

前都知事のおかげで、全国的に知名度が上がり、人気のホテルになったようですよね。

大きな旅館なので、きめの細かいサービスは得られませんが、部屋は広々としていて大きな窓から一面の海の景色が眺められます。

窓に面したスペースに置いてあるソファ一式も大きくて立派でした。

そして和風のベッドが二つ並ぶ寝室が別室になっています。

食事は食堂に行くのですが、なかなかの内容。

お刺身はもちろん、お重の中に小皿が六つ、お肉、アワビ、サザエ、てんぷら、炊き込みご飯など。

地酒は鴨川のと勝浦のを飲んでみましたが、鴨川のに軍配。

名前は忘れましたけど。

バイキング式の夕食もあったようで、そちらに人気があるようでした。

ハイライトは翌日、チェックアウトした後です。

スパホテルと銘打っている通り、屋内・屋外に大きなプールがあるのです。

私達は最初からコレが目当てで水着持参でしたが、高齢の母や妹は入るつもりがなく、持ってきませんでした。

そういう人がたくさんいるのか、受付ロビーでちゃんと水着を売っています。

ちょっと覗いた母も妹も、水に浸かりたくなったようで、急きょ、水着を買って水浴び。

二人とも何十年かぶりなのだとか。

いやあ、本当に楽しかったですよ。

子供に戻ったようにはしゃぎました。

ちなみに、屋内プールの水温は34度と書いてありました。

というわけで、プールがメインの鴨川旅行でしたが、一か所だけ観光もしました。

魚見塚展望台です。

この丘から漁師が沖合の魚の群れを見張っていたから、こういう名前が付いたとか。

てっぺんに女神像がたっているのですが、これが一般に「おばちゃん像」と言われているのだそうです。

見上げてみましたが、ふくよかな女性像というだけで、中年の女性を描いているわけではありません。

そして誰が言い出したのか、この像の下で愛を誓うと一生続くと言われているそうで、橋でもないのに、錠前がたくさんつなげられていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です