歴史的な家で美味しい食事

歴史的な家で美味しい食事

【2017年3月】天気が良いとわかっていた週末に、ロンドンの自宅から電車を乗り継いでウィンチェスターへ出かけました

途中、レディングという町で乗り換えだったのですが、ここの駅が英国の鉄道駅にしては、とても近代的でびっくり。

スペインの駅のようでした。

誰もが通れる公共の場所ですが、ここは私有地なのだとかで、写真を撮るには許可がいるのだそうです。

確かロンドン市内にもそんなところがありましたっけ。

約二時間の道のりの末、ウィンチェスターに到着。

12時にレストラン、The Chesil Rectory を予約してあったので、まずはランチから。

12時は私達にもちょっと早過ぎる時間でしたが、この時間しか予約が取れなかった人気の店です。

なんでも、タイムズ紙が主催した「英国で最もロマンチックなレストラン」の人気投票で、第三位に入っている所だそうです。

何が特別なのかというと、この建物です。

もともとは、裕福な商人が1425-50年に建てた家ですが、16世紀にヘンリー八世に宗教改革の一環として没収されました。

というのも、この建物が聖マリア修道院の敷地内にあったからです。

ヘンリー八世はこの家を娘のメアリー一世に与えましたが、1554年にウィンチェスター大聖堂で行われた彼女の結婚式の大散財の穴埋めに、翌年、ウィンチェスター市に譲られたとのこと。

その後、商人の家、骨とう品店、皮なめし工場などを経て、過去85年はレストランとして営業されているのだそうです。

私達はここで、まず、前菜に鳥のレバー・パテを食べました。

かりっとしたパンと共に、とても美味。

メインは、私が鴨料理、夫がポークを食べました。

どちらも上々。

ただ、時々昼休みに行くパブの食事と味付けが似通っていました。

英国料理というとやはりグレービーソースを元にした味になるのでしょうね。

それから、私が頼んだメレンゲのデザートが逸品。

外側がかりっとしていて、中がもちっとした感触で、とても美味しかったです。

ちなみに、英国ではイタリアなどと異なり、パンは有料です。

ここのは2.95ポンド(約430円)でしたが、パンの種類がいろいろだったうえ、パンを浸すオリーブオイルに加え、中東系ナッツのみじん切りが出てきたのがユニークでした。

カラフェのワインを飲んで、全部で85ポンド強(約12300円)とまあまあのお値段でした。

後で聞いたのですが、ウィンチェスターには有名シェフの店がいくつかあるそうで、レストラン業界の激戦地なのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です