洞窟修道院

洞窟修道院

【2013年7月】クリミア半島バフチサライには洞窟修道院、ウスペンスキー修道院もあります。

証拠はないものの、8世紀に創設されたものといわれ、石灰岩に掘り込まれるように作られています。

なかなかの見ごたえです。

ソ連時代には閉鎖されたけれど、ソ連崩壊後に再開されて、現在は100人ほどの修道士がいるとか。

ところで、正教会に入るときは女性は頭に被り物が必要です。

私の麦藁帽子でもOK。

たいてい入り口にスカーフや、ミニスカートやショーツの人用に腰巻が置いてあります。

ガイドのスヴェトラーナによると、昔は普段の生活でも女性は被り物が必要だったそうです。

イスラム教と同じですね。

男性は逆に、教会に入るときには帽子を脱がなければなりません。

修道院内の教会に入れましたが、撮影は不可。

中では人々が並んで、礼拝の際に呼び上げて欲しい名前を係りの人に告げていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です