港の混沌

港の混沌

【2017年1月】コロンビア旅行の最後の目的地は、カルタヘナから南西へ35キロほどの沖にあるロザリオ諸島の中のイズラ・グランデでした。

ロザリオ諸島は27の小さなサンゴ礁のある島から成り、イズラ・グランデはその中では一番大きな島です。

旅程表によると、ここへの交通は自力で確保しなくてはならないようだったので、まず前日に船着き場でチケットを買いました。

港へ行ってみてわかったのですが、ロザリオ諸島をめぐる一日ツアーがたくさん出ていました。

さて、翌日。

午前8時にまでに港に来るようにと言われていたので、早起きして、ホテルからタクシーで港へ。

この時間、港は大混雑です

まず、チケット売り場に行って名前とパスポート番号を書き、場内に入ります。

テントの下の椅子に座って待つこと約1時間。

後から続々と人が来ましたが、後で来た人はテント内の椅子に座れず、暑い日向で待っていました。

早く行って得したのは、この日陰の椅子だけでした。

港に並んでいるのは、ちゃんとした船ではなく、大き目の古いモーターボートで、中に座席がたくさん。

数年前行ったクリミア半島で乗った遊覧船みたいなものです。

だんだん不安になってきたところへ名前を呼ばれ、別のテント内に入りました。

さらに少し待った後、また名前を呼ばれましたが、どうも違う人だった様子。

でも「いいよいいよ、乗って」と促されて、並んでいたボートの中でもことさら小さいボートに乗り込みました。

ボート内はぎっしり人で埋まりました。

こんなの、絶対、安全規定から外れているに違いありません

そして走り出したら、水しぶきがかかって濡れ鼠です。

約一時間の道中、結果的には酔うこともなく、何だか楽しかったですが、そう思えるまでは、かなりのストレスでした。

そしてイズラグランデで降りたのは、私達だけ。

どうも、日帰りツアー用のボートだったようです。

最終的にわかったのは、ホテルに言えば、ちゃんとボートを手配してくれたはずだとのこと。

しかも無料で。

実際、島からの帰りのボートは、モーターボートではありましたが、まったく違う近代的なきれいなボート。

着いた港も異なるところでした。

旅行会社の説明不足が原因でちょっと損した気分もしましたが、これも笑える旅の思い出です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です