焼き鳥ならぬ焼き羊と、小さいピッツァ

焼き鳥ならぬ焼き羊と、小さいピッツァ

【2017年11月】イタリア中部のアブルッツォ州で最後に食べたのは、羊の串焼きです。

写真のように、一見、焼き鳥のようですが、これは、この地方名産の羊肉。

ピアネッラという町にあるHosteria Margheritaというレストランに友達の家族が連れて行ってくれました。

この店はこの焼き羊、アッロスティチーニの専門店です。

串には、肉と脂身が交互に並んでいて、一緒に食べて美味。

どんどん進むので、気が付いたら、私は8本食べていました。

我々のグループの中では、友達の15本が最多でしたが。

塩味なので、ビールと合いそうですが、私達はこの地方の若い赤ワインを飲みました。

その前の前菜には、フリーザというブルスケッタによく似たものを食べました。

これはもうちょっと南のプーリア州でよく食べられるもので、ものすごく固いパンを水に浸し、これにトマトやガーリックを摺り込んで、そのうえにトマトやルッコラ、オレガノを乗せて食べる素朴なものです。

この日の昼間に食べたピッツァも紹介します。

これは泊まっていた海辺のペスカーラの町にあるトリエステというチェーン店

ここの特徴はピッツァが、直径15センチぐらいと小さいこと。

小さいからいろいろ味わえるし、少量食べたいときにも便利です。

1950年代にペスカーラで始めて、今ではロンドンのウィンブルドンや、ドバイや、ベトナムのホーチミンにも店があるという話でした。

レストランの紹介ついでに、アブルッツォ州からの帰りにローマで寄ったレストラン、Da Enrico についても少し。

ペスカーラからのバスは、ローマのティブルティーナ駅に到着し、その近所のレストランとして前日、アブルッツォの友達に紹介してもらったこの店へ直行しました。

ここに入ろうとしたときに、店から出てきたおばあさんが「入るの?ここ美味しいわよ」と太鼓判を押してくれました。

シーフードが主な店で、前菜にシーフードの盛り合わせ、メインにはロブスター・パスタを食べました。

味がとても良かったです。

ファランギーナ一本とシャーベットのデザートも入れて、全部で€72一万円弱とお手頃でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事