牛の唇

牛の唇

【2014年5月】ビルバオのホテルの人に、レストランを推薦してもらいました。

Rio Oja という名前と住所だけ聞いて、探して行ってみたら、驚くほど簡素な食堂。

すでにいくつか鍋に料理ができており、ガラス越しにそれを見て選ぶ方式です。

私はここで、生まれて初めて牛の唇の料理を食べました(珍しいものに飛びつく習性があります)。

舌触りも味も、内臓の料理に似ていました。

それと、イカ墨のイカ(イカの切り身が真っ黒な墨に漬かっている料理)、デザートは無難にプリンにしました。

美味しかったですよ。

きっとこの辺の人が普通に家庭で食べる味なんだろうな、という印象です。

気取ったレストランでなく、ここを紹介してくれたホテルの人に感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です