石垣牛、紅芋、そして泡盛

石垣牛、紅芋、そして泡盛

【2017年4月】沖縄県の石垣島での最初のディナーは、石垣牛のステーキ

昔は神戸牛と松阪牛ぐらいしか知られていませんでしたが、今は各地のいろいろな牛が、美味しいお肉を提供してくれてますよね。

行ったのは、ネットで調べて評判の良かった「パポイヤというビルの上の方のレストラン

数日後に乗ったタクシーの運転手も薦めていましたから、定評がある店なのでしょう。

250グラムのサーロインステーキもさることながら、前菜の牛差しがとろけるおいしさでした。

ステーキのソースは塩とからしと甘い玉ねぎの三種類出てきて、それぞれの味を楽しめました。

デザートの黒糖アイスも逸品。

ワイン一本を入れて全部で23000円強と安くはなかったですが、大満足でした。

私はかなり満腹だったのですが、夫は甘味が足りなかったのか、開いていたお土産屋さんで、紅芋のモンブランを買って立ち食い。

紅芋の製品も沖縄の欠かせない美味しいモノの一つです。

その後、何度か、このお店で紅芋ケーキを買って食べたほか、スーパーでは紅芋ジャム、お土産には紅芋タルトを買いました。

初日の晩に話を戻すと、ちょっと夜の町を散歩した末、ふらっと居酒屋に入りました。

お店の名前を失念して、とても残念。

感じの良い女性店主が、島で典型的な泡盛二種の水割りを薦めてくれ、おつまみを出してくれました。

おつまみには、ごうやがよく使われているようでした。

たまたま来ていた別のお客さんが、島のダイビングのインストラクター。

彼が言うには、ウエットスーツを着て潜るには良い季節だけれど、水着で泳ぐにはまだ早いかも、とのこと。

石垣島は、もう少し後の季節のほうが良かったのかな・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です