肉!

肉!

【2015年7月】南イタリアカラブリア州では、毎日、魚介類を食べていたので、肉欠乏症気味になりました。

それで、ミラノに戻って肉料理屋さんを探しました。

以前に行ったことのあるけれど名前を思い出せないトスカーナ料理店に行くつもりでホテルの人に尋ねたら「Trattoria Toscana da Giovanni でしょ。

すぐですよ」。

行ってみたら、前に行った店とは異なりましたが、大満足しました。

まず、ハウス・ワインを頼んだら、1・5リットルのキャンティの大瓶が出てきました。

美味しかったけれど飲み切れませんでした。

でも、お値段がとてもリーズナブルで損した感じもありません。

肝心のフィオレンティーナは、写真のように、食べやすく切ってくれました

柔らかくて美味しかったです。

フィオレンティーナは往々にして大きすぎるのですが、これで二人分ですから量的にもちょうどよかったです。

昔ながらのイタリア料理店の落ち着いた雰囲気で、気取ったところがなく、リラックスできました。

ミラノに行ったら、また行きたい店の一つになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です