角館の雰囲気たっぷりの宿と歴史のある味噌屋

角館の雰囲気たっぷりの宿と歴史のある味噌屋

【2019年4月】秋田県の角館町では、「田町武家屋敷ホテル」という宿に泊まりました。

日本 秋田県 角館 田町武家屋敷ホテル 客室 和洋折衷
和洋折衷の雰囲気があるホテルの部屋

うたい文句は「黒板塀に囲まれた蔵造の宿」。

確かに角館の風情あふれる街並みによくマッチした建物で、雰囲気満点です。

客室は濃い色の木材とブルーの布を使った内装で、ベッドのある洋室でしたが、雰囲気的には和洋折衷。

ここのウェブサイトを見ると、和室もあるようです。

部屋に割と大きなお風呂場が付いているのですが、ここのお湯は温泉ではないそうです。

日本 秋田県 角館 田町武家屋敷ホテル レストラン樅の木亭 夕食
10点ほどのお料理の一つ

その代り、歩いて5分ほどの所にある源泉かけ流しの「かくのだて温泉」を利用できる仕組み。

温泉行の送迎サービスもあるようでした。

私達は、部屋のお風呂で十分だったので、使いませんでしたが。

夕食はホテル内の「レストラン樅の木亭」で食べます。

「創作和会席料理が自慢」なのだそうで、八幡平ポークのレモンしゃぶしゃぶとか、秋田牛のミニステーキとか、10点ほどの料理が出され、どれも美味しかったです。

量的には前夜の宿ほど多くなかったですけれど。

翌日は、ホテルのすぐ近所にある「安藤醸造」という味噌屋を覗いてみました。

日本 秋田県 角館 安藤醸造 屋敷蔵 五月人形
座敷蔵には五月人形が

1853年に創業された老舗で、もらったパンフレットによると、安藤家は地主だったそうで、小作米として入ってくる米の一部を原料として味噌を醸造。

醤油も作るようになったのだそうです。

今も味噌や醤油、漬物などを売るお店なのですが、博物館も兼ねていて、古い建物を一般に公開していました。

家族が買い物に夢中になっている間、私は蔵屋敷や文庫蔵などを見学して回りました。

日本 秋田県 角館 安藤醸造 煉瓦造りの蔵
煉瓦造りの蔵

表がレンガ造りになっているのですが、これは1882年、角館の町人街に260戸を焼失する大火事があって安藤家も被害を受けた末、その後9年かけて火災に備えて建てた蔵なのだそうです。

「現在まで大規模な修理は一度も行っていない」のが誇りらしかったです。

ここだけでなく、角館には蔵がたくさんありました。

ちなみに、角館には有料のウォーキングツアーがあるとガイドブックに書いてあります。

これを利用すると、蔵の話など、きっといろいろ聞けたのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です