アルゲーロのお気に入りレストランで

アルゲーロのお気に入りレストランで

【2020年9月】イタリアのサルディニア島の離島、アジナーラ島のツアーに参加した日は、午後7時過ぎにアルゲーロの町に辿り着きました。

かなり疲れたので、町なかで夕食を食べて帰ることに。

迷わず、数日前に行って気に入った Il Pesce D’Oro というレストランへ行きました。

イタリア サルディニア島 アルゲーロ レストラン Il Pesce D'Oro ムール貝
前菜のムール貝

入って行くと、「この間と同じテーブルでいいですか」と言われました。

覚えていてくれたようです。

まあ、今回の旅行中、東洋人は見かけなかったので、我々が覚えやすいカップルなのは確かですが。

今回は前菜にZuppa Cozze (ムール貝のスープ)を取って二人でシェア。

量がたっぷりで、スープがすごくいい味を出していました。

私はメインに今日の魚だったspigola (スズキ)をal sale (塩釜)にしてもらいました。

イタリア サルディニア島 アルゲーロ レストラン Il Pesce D'Oro スズキの塩釜
大満足のスズキの塩釜

まず、魚を見せてくれ、塩釜が出来上がったところも見せてくれ、それをさばいてきれいな形にしてサーブしてくれました。

後でお勘定を見て、これが€33(4100円ほど)もしたことが分かりましたが、それだけの価値がある美味しさ。

新鮮だから、魚の味もしっかりしていて、大満足です。

夫はアルゲーロのスパゲティという名前のボンゴレ、ケイパー、オリーブがソースのパスタ料理。

デザートにはSeades Mirto という地元のお菓子を二人でシェアしました。

イタリア サルディニア島 アルゲーロ レストラン Il Pesce D'Oro デザート
デザートの地元のお菓子

これは、ペイストリーの中にチーズが入っていて、それにミルト酒がかかっているものです。

甘さが丁度よくて、美味しかったです。

最後にミルト酒そのものも注文したのですが、その時に赤か白か聞かれました。

白いミルトは初めて。

ミルトという植物の葉っぱから作るのだそうで、飲み慣れた赤いミルトより甘くなく、ハーブの味が効いていました。

イタリア サルディニア島 アルゲーロ レストラン Il Pesce D'Oro ミルト酒 赤と白
赤と白のミルト酒

赤の方は、飲み慣れたものより、こってりとリッチでした。

これだけ満足、お腹いっぱい食べても、全部で€75(9300円ほど)と破格のお値段でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です