ベテランのゴンドリアの話

ベテランのゴンドリアの話

【2012年11月】ベニスでは、雨が降りだす前に、と早速、ゴンドラに乗りました。

ゆったりと水路から町を見られるロマンチックなゴンドラには、ベニスに来るたびに乗ります。

今回のゴンドリアは職歴35年のベテラン、マリオ。

ベニスが直面する現状をあれこれ話してくれました。

例えば、壁に張り付いた貝類を指差し、「一時は汚染がひどかったが、今は水がきれいになった証拠」だそうです。

また、マクドナルドや中華料理店が急増した時期があったそうですが、続かず、今はマクドナルドは一軒だけとのこと。

日本人ツーリストについては「かつては世界で一番、礼儀正しい観光客だったが、最近はちょっと欧州化しているようだね」とちくり。

ちなみに日本人の団体は、一人35ユーロで6人乗りのゴンドラに乗せられているそうです。

歌付きであることが多いとのことですが、短いルートで割高だとか。

「日本人には団体をやめて個人で来ることを薦めたい」と言っていましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です