モンテヴェルジーニ教会と、この度の旅で一番の食事

モンテヴェルジーニ教会と、この度の旅で一番の食事

【2017年7月】イタリアシチリア島南部の町、ノートで大聖堂を見学した後、次の教会、モンテヴェルジーニ教会へ向かいました。

すぐに見つかったのですが、係員が表の扉を閉めようとしているところでした。

四つの教会で案内が受けられるサービスのチケットを買って教会巡りをしていたのですが、この人いわく「四つ見て周れる時間を考慮して、午前11時以降は売らないことになっているのに・・・」。

私達が買ったのが何時だったか不明ですけれど、ここに着いたのはちょうどお昼時でした。

とにかく、この教会も、塔に上るのがハイライトのようで、塔にだけ上らせてくれました。

後で取って付けたらしい安全に問題ありそうならせん階段でした。

この塔からは、サンティッシモ・サルバトーレ教会の塔より建てこんだところにあったせいで、人々の生活が感じられる景色が見られました。

教会の歴史などの説明は聞けませんでしたが、ここももともと尼僧院だったようです。

ここの祭壇には、多色の大理石が使ってあるそうですが、教会内には入れてもらえなかったので、見ませんでした。

それから、この教会は、テレビドラマ「刑事モンタルバーノ」でも、バックグラウンドとしてよく登場するのだそうです。

ここから出て、次はレストラン探しです。

特にアイデアもなかったので、この教会からちょっと歩いたところにあるエノテカ・レストラン Emily’s Wine という店にふらっと入ってみました。

それが大正解。

小さな店で、軽めの昼食でしたが、ここでの食事が今回の旅の中では一番でした。

私はマグロにパキーノ・トマトなどのソースがかかった料理、夫はソーセージを選びました。

特にソーセージはこの店の自慢らしく、まず茹でて脂肪を落とし、シチリアのブドウNero d’Avolaのワインで料理した後、グリルしたものなのだそうです。

カラフェのワインを含めて、34ユーロとお値段も格安で、大満足のランチでした。

デザートはここで食べず、豪華な市庁舎、ドゥチェツィオ宮がある広場の脇でジェラート。

シチリアがジェラートのメッカだものだから、この旅行では殆ど毎日、ジェラートを食べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です