人気のトルファンですが

人気のトルファンですが

【1996年9月】今回の中国旅行で持参した二冊のガイドブックのどちらもが、トルファンをとても持ち上げていて、それで期待が高まっていたのですが、期待し過ぎたようです。

まずはホテル探しに苦労しました。

まずバスターミナル脇の交通賓館に行ってみましたが、汚くて、別のを探すことに。

そこで客引きしていたウィグル人のミニバスに乗って、オアシスホテル(高過ぎ)、警察ホテル(水が出ない)、粮貿賓館(嫌な臭い)と巡った末、やっと吐魯番賓館の別棟に落ち着きました

一泊380元(当時、1元=約13円)と非常に高いのですが、おんぼろバスの長旅の後だったので、力尽きました。

中国 トルファン ロバ車
ロバ車に乗ってホテル探し

一応、居心地は良好です。

連れて周ってくれたミニバスの運転手とは、交渉の末、300元で明後日に一日ツアーをしてくれることになりました。

それも高いなと思ったのですが。

トルファンにもあったJohn’s Cafe でペッパーステーキとチップスを食べて、少し生き返りました。

翌朝、この高いホテルに連泊することも考えましたが、元気が出たので、別のを探すことに。

本に載っている交河ホテルを目指して歩き始めたら、日本人の若者を乗せたロバ車が通りがかり、それに乗りました。

残念ながら交河ホテルがあまりに汚らしかったので、また、ホテル巡りが始まりました。

ゴトンゴトンと行くロバ車の快適とは言い難いながら味わい深い乗り心地、絵のようなウィグルのお爺さんや民家、静かな通り・・・となかなか良いひと時でした。

小学生の集団が声をかけてきたり。

中国 トルファン バザール 絨毯売り場 子供たち
バザールの絨毯売り場で

けれど、数か所ホテルを巡り、やはり疲れてきました。

そして、吐魯番飯店のレセプションのきれいさに騙されました。

120元の部屋に案内されたのですが、建物のきれいな部分からどんどん遠ざかり、結局、監獄のような部屋に着きました。

バスルームの無い部屋です。

ロバ車の男性に20元払い、しばし茫然。

少なくともエアコンは付いていました。

後に恐る恐る試したトイレは和式で、トイレットペーパーがなく、暗かったですが、汚くはなく、ほっとしました。

中国 トルファン バザール 絨毯売り場 坊や
ウィグルの坊や

とにかく、この部屋の中にいたくなかったので、バザールに向かいました。

けれど、ここでもガッカリ。

2冊のガイドブックによると、「必見」のバザールでしたが、ロンドンの場末の市場とそれほど変わりません。

規模も大きくなかったし。

わずかばかり、ウィグル帽などありましたが、後は主に地元民向けの衣料や靴。

絨毯コーナーがありましたが、派手過ぎて、食指が動きませんでした。

食料市場で、念願のシシケバブでも、と行ってみたのですが、それらしいのは見つからず、結局、普通の中華料理を食べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です