歴史の詰まったホテル

歴史の詰まったホテル

【2014年6月】トスカーナの町、コルトーナで泊まったのは急な坂道に面したホテル・サン・ミケレでした。

外観からして歴史がありそうでしたが、確かにそうでした。

私だけでなく、きっとたくさんの泊り客が聞くのでしょう、ホテルが「歴史」というプリントを用意していました。

それによると、この場所は11世紀には城壁の一部だったのですが、12世紀になると、当時の侯爵の屋敷となりました。

それが1206年には裁判所のような役目の公共の建物になり、さらに1410年ごろ、フィレンツェ共和国からバルデッリ家に贈られ、以後、バルデッリ・パレスと呼ばれるようになったそうです。

18世紀にはエトルリアの文化を広めるのを目的としたエトルリア・アカデミーが発足し、このパレスの中で会合を持っていたとのこと。

ホテルのおばさんが言うには、アカデミーの面々は真夜中に研究していたそうです。

もう100年もすると、「この建物はホテルだったこともある」と誰かが話していることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です