立ち食い

立ち食い

【2014年3月】スペインのトレドで泊まったホテルのお姉さんが薦めたタパスバーに行ってみましたが、ものすごく混みあっていて、とてもじゃないけど初心者には太刀打ちできそうになかったので、少し歩いて、やや余裕があるようだった”La Tabernita”という店に入ってみました。

スペイン語のみのメニューから3つほどと、ワインを頼みましたが、どれもとても美味しかったです。

ただ、どれがどの料理なのか分からず仕舞い。

「これがきっとトルティーリャだよ」と言いながら食べてたら「トルティーリャができましたよ」と呼びかけられて、大笑いしたことでした。

美味しかったので、翌日にも同じところへ行ったら、店の人もすでに顔見知りの対応でした。

英国の混んだパブでもそうですが、注文するのに一苦労。

カウンター間際にいるおじさん達、後ろから人が近づいても、微動だにしないんですから。

店内に「最高50人まで」と張り紙がしてありました。

ところ変われば品変わる・・・英国ではパブで立ち飲み、イタリアではバールで朝食を立ち食い、スペインでは昼でも夜でも立ち飲み食い。

日本では立ち食い蕎麦ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事