蘭州から列車の旅

蘭州から列車の旅

【1996年9月】黄河が流れる中国の町、蘭州での最終日には、まず、白塔山公園を目指しました。

中国 蘭州 バス 羽田空港リムジンバス セカンドハンド
蘭州で使われていた羽田空港のリムジンバス

途中、羽田空港行きのリムジンバスが。

一瞬びっくりしましたが、これはリムジンバスのお古を利用したローカル・バスです。

せめて車体を塗り替えるとか、行先を書き換えるとかすればいいのに。

入場料12元(当時、1元=約13円)払って入った白塔山公園では、奇妙な恐竜展をやってました。

延々と上った山の上からの景色は良かったのですが、頂上では、ひどいカラオケ大会が催されていて、興がそがれました。

中国 蘭州 白塔山公園 黄河 中山橋
白塔山公園から黄河を見下ろす

頂上から見下ろすと、黄河にかかった中山橋の真上

ちょっとブダペストを思い出しました。

公園から出ると、観光船の呼び込みにつかまりました。

船には乗ろうと思っていたのでついて行くと、モーターボートです。

一人20元で、観光名所の一つの母子像の辺りまで往復しました。

黄河の流れはけっこう速く、スリル満点。

中国 蘭州 黄河 ボートから 岸 家々
黄河の岸に建ち並ぶ家々

ライフジャケットのような物を着せられました。

船頭さんとのコミュニケーションはままなりませんでしたが、川からの目線で岸の景色を眺めるのも面白かったです。

さて、この日は午後5時発の列車で蘭州を出発しました。

駅に到着した時、人々がずらーっと並んでいるのに圧倒されましたが、私達は座席指定のある寝台車の「軟臥」の切符を持っていましたので、ゆっくり行って問題ありませんでした。

ただ、切符を買った際、300元だと聞いていたのに、おつりが来たのでちょっと不安。

ガイドブックには、「軟臥は一等車で設備もサービスも良く、乗客は外国人ばかり」とあったのですが、これは当たっていませんでした。

中国 蘭州から柳園 寝台車 おじさん
寝台車で同室になったツワ・ヨーチンさん

乗客は中国人ばかりで、我々の四人部屋で同室になったのは、中国人のおじさん一人。

検札が来て、私たパスポートを見せるまで、彼は私を中国人と思っていた様子です。

そして、私が日本人と分かると、日本語で話しかけてきたので、驚きました。

彼はツワ・ヨーチンさんという56歳の高級技師で、仕事で蘭州に来て、万里の長城の要衝で彼の故郷の嘉峪関に帰るところだそうです。

彼の日本語を頼りに、少し中国語を習ったり、食物を交換したり、とわずかながら交流しました。

さらに、途中で隣の部屋の夫婦もこちらを覗きに来ました。

彼らは北京のエリートらしく、米国や日本、イタリアなどに行ったことがあるそうで、英語で会話しました。

どうやら、原子力関連の仕事をしているようで、日本では東海発電所で働いたというし、米国では核実験の場であるニューメキシコに行ったと言っていました。

中国 嘉峪関 車窓から
遠くに見えた嘉峪関

この夫婦は、名もない、おそらく外国人には開放していない町の駅で降りたのですが、そこで10人ほどの人々に迎えられていました。

夜は上の段の寝台で眠りました。

寝具な何となく薄汚くてリラックスできず、ジャケットを被って眠ったり目覚めたり。

汚いと言えば、トイレ。

軟臥のトイレをきれいなはずだったのに、ヒドイもので、それを見て以来、飲食は控えたほどです。

車窓の景色は主に砂漠。

砂漠と言っても草が毛のように、もわもわ生えて羊がいるようなのから、全くの不毛の地までいろいろです。

中国 蘭州から柳園 車窓 砂漠
不毛な砂漠の景色

色もベージュだったり、黒っぽかったり。

ビーチの白砂のような所はありませんでした。

それにしても、長い道のりです。

何しろスピードが遅く、一度駅に停まるとなかなか動きだしません。

動き始める時、停まる時には大きく揺れます。

蘭州を午後5時に出発し、目的地の柳園に着いたのは翌日の午後4時23分。

ほぼ丸一日の旅で、これほど長く同じ列車に乗り続けたことは、後にも先にもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です