アルゲーロ大聖堂の鐘楼に上って、ピンチョスを食べる

アルゲーロ大聖堂の鐘楼に上って、ピンチョスを食べる

【2020年8月】イタリアサルディニア島北西部にある町、アルゲーロに暮らし始めて1週間になりました。

イタリア サルディニア アルゲーロ 岩場 人々
岩場で遊ぶ人達

この日はちゃんとゴミ出しもしました。

そして仕事の合間の昼休みに、いつも行くスーパーの先の海を見に出かけました。

この辺りは岩がごつごつしていますが、泳いでいる人も。

海岸線を南にしばらく歩きました。

ホテルなどが建設中・・ですが、建設を始めたらコロナが襲って中断しているといった様相です。

海風が気持ちよく、夫は何度も深呼吸をしていました。

イタリア サルディニア アルゲーロ 海 サボテン
気持ちのいい海辺

そこからの帰り、海が見えるペントハウスが売りに出ているのに気づきました。

あんなところに住めたらいいなあ、と話して、ネットでチェックしたところ、現在、私達が住んでいるロンドンの家の2倍の広さで、バスルームが3つある豪邸。

それでも、お値段は€650000(約8100万円)でした。

さて、午後も仕事をした後、7時になって、大聖堂へ。

ウォーキングツアーで聞いた鐘楼に上るのが目的です

ツアーのおかげで、迷路のような旧市街もかなり把握できていて、迷わず行けました。

イタリア サルディニア アルゲーロ 大聖堂 鐘楼 らせん階段
鐘楼の細いらせん階段

鐘楼に上るのに一人€3(370円ほど)。

係の人が手に消毒液をかけてくれた上、熱を測ってくれました。

これは全く予想外でしたが、こういう慎重な姿勢は好ましく、安心感を与えてくれます。

狭いらせん階段を上るのですが、それほど長くなく、段数は数えませんでしたが、辛くなる前にてっぺんに着きました。

日没間近の光で、なかなか良い景色です。

アルゲーロの町や港を見下ろせるほか、湾の反対側のカッチャ岬がシルエットになって見えます。

イタリア サルディニア カッチャ岬 海 
カッチャ岬のシルエット

この岬にはグロッタ・ディ・ネットゥーノという鍾乳洞があり、2年前には船に乗って行ったのでした。

もう少し光が赤っぽくなるのを待っていたら、けっこう次々に人々が上ってきました。

混みあうというほどではありませんが、人気のある鐘楼です。

残念ながら、雲のせいで、真っ赤な夕焼けにならずに光が弱まってきたので、諦めて下りました。

旧市街で軽く食べようということになったのですが、大聖堂前にある店に何となく見覚えがあったので、そちらに回ってみました。

イタリア サルディニア アルゲーロ SardOa ピンチョス店 ハム
ハモンが並ぶピンチョス屋の内装

すると、やっぱり。

今回、初日に探しまくって見つからなかったピンチョス屋でした。

大聖堂の真ん前だったとは。

SardOa という名前です。

イタリア サルディニア アルゲーロ レストラン SardOa ピンチョス
ウナギの稚魚のピンチョとアンコウのピンチョ

ハモン(スペインのハム)のピンチョ、アンチョビのピンチョを食べ終わった後、カウンターに並んでいた中から、ウナギの稚魚かなと思われる小魚が乗ったピンチョ、アンコウのピンチョを選んで、結局、4つも食べました。

どれも失敗なく美味しかったです。

夫はツナ、干しタラ、ハモン、アスパラガスのピンチョ。

ワインを2杯ずつ飲んで、全部で€46と、とてもお手頃でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です