群れから離れて、レストラン

群れから離れて、レストラン

【2017年8月】ロシアモスクワ市内観光ツアーがいったん解散となったので、私たちはそのまま群れから離れてレストランへ向かいました。

バスでそばを通ったときに、マーシャが良いレストランだと言っていたカフェ・プーシキンです。

入ったときに夫が一言、英語で話したら、入り口付近のスタッフの表情が一瞬変わり、右手の奥の部屋に通されました。

その部屋はおそらく、ツーリスト用だったのではないかと思います。

入ったときには中国人で溢れていました。

彼らが去った後には、日本人とフランス人が来ました。

趣のある内装で、歴史のあるレストランに見えますが、1999年のオープンだとのことです。

自己紹介したウエイターが最後まで感じよく給仕してくれました。

私は前菜に骨髄料理。

五つも出てきたので驚きました。

塩と玉ねぎとからしが添えてあり、とても美味しかったです。

夫は平たいピロシキーーメニューが英語とフランス語のみだったので、本当にピロシキかどうか不明ですが。

メインは、私が鹿肉、夫がポーク。

どれも凝っていて洗練されていて、期待以上でした。

デザートには、スポンジケーキ三種類が、かわいい漆塗りの木箱に入ったもの。

プレゼンテーションも上々です。

夫はメレンゲにリキュールがかかったお菓子で、ウエイターが火をつけてサーブしました。

チリのマルベック一本とピンクのシャンパンの食前酒も入れて、全部で15000ルーブル(約29000円)。

どうも、食前酒が4000ルーブルと高かったようで、これを除くと、納得のいくお値段でした。

気取った雰囲気だったので、あまり部屋の写真を撮らなかったのですが、その点ロシアでは割と鷹揚だと後で聞きました。

ちなみに、トイレも素敵でした。

今回は全食事込みのクルーズ旅行でしたが、こうやってちゃんとしたレストランで良い食事をすると、雨降りの陰鬱な日でも、ココロが豊かになるなあと思ったことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事